adobeフルセットがたった4万!? 誰でも学割適用する衝撃の方法

パソコン

今回はプロも使う超高性能な「adobe」の製品が全部入りした「Adobe CreativeCloud」を、格安4万円以下で購入できる裏技を紹介する。

CreativeCloudは月額5,680円、年間で65,760円もするため、破格の安さです。怪しい感じはしますが、僕も実際に試してみたところ、まったく問題なかった!

学割を誰でも適用できる衝撃

adobeさんは学生に優しく、学割が凄まじくお得。しかしこの記事を読んでいる大抵の方は学生ではないため、学割の適用外……と思うかもしれないが……。

実は学生ではなくとも、学生扱いでadobeの製品を格安で使える方法があります。

オンラインスクールなら社会人でも学生になれる

デジタルハリウッドが提供しているこちらのオンラインスクール(Adobeマスター講座)の学生になれば、なんと39,300円 で、Adobe Creative Cloudを1年間使用できる。

Adobeマスター講座は通信講座のため、社会人やフリーランスの方でも学生になれるという裏技的方法だ。

ちなみに勘違いしがちだが、上の画像に記載されている全3ヶ月は、Creative Cloudの使用期限ではなく、デジタルハリウッドが用意した講座の期間。

Creative Cloud自体は1年間ずっと使えるし、通常の Creative Cloud と違いはない。

初心者に嬉しい講座つき

こちらの講座は、adobeの基礎が学べるもので合計63時間もある。

  • 動画視聴期間:1ヶ月
  • 課題添削:2ヶ月

adobeの各製品の使い方などを紹介していくため、個々の講座としては物足りないところがあったが、本当の基礎を身につけるにはうってつけ。

僕は課題を提出していないが(添削機能の存在を忘れてた……)、

これから購入する方はぜひ課題を提出してみるのも手。

怪しくないの?

Adobeマスター講座は講座つきでこの価格はまさに格安だけど、「なんか怪しい」、「機能が制限されているのでは?」と思うかもしれない。

しかしデジタルハリウッドは、adobeから正式に認められた日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」。

また機能制限などもなく、僕自身問題なく使用できる。

さらに1年間の使用期間を過ぎても再契約できるため、長期間使う予定の方も安心だ。

4万円以下は破格の安さ

Creative Cloudが39,300円というのは非常に安いが、それでも約4万円というのは正直高く感じてしまうだろう。

そこで、今回紹介しているAdobeマスター講座がどれだけお得なのか、adobeが要しいている一般的な年間プラン一括払いと比較してみた。

  • Adobeマスター講座 :4万円
  • フォトプラン(LightroomとPhotoshop):11760円
  • 単体プラン:26,160円
  • コンプリートプラン:65,760円

比較してみると、adobeの全ソフトが使えるAdobeマスター講座が圧倒的な安さだ。

「Photoshopだけ使いたい」、「特定の月だけ使用したい」なら、adobeが用意したプランの方がお得だ。

単体プランの方がAdobeマスター講座より安いけど、年間13,000円ほどしか差がない。

仮にadobeのソフト1本に加えて、Photoshopが使えるフォトプランを契約すると年間37,920円。Adobeマスター講座との差額はわずかだ。

adobeのソフトを2本以上契約するなら、間違いなくAdobeマスター講座を契約すしたほうがお得だ。

またCreative Cloudを契約していて地味に良かったのが、 Adobe Fonts(旧Typekit) という、adobeが提供するモリサワフォントなどのフォントが使い放題という点だ。

動画編集、デザイン、画像加工、音声編集など、adobeのソフトを活用する用途は人それぞれだろうけど、作品を世に出すならフォントにはこだわった方が良い。

そのため単体プランを契約する人でも、フォントが自由に使えることなどを考慮すると、Adobeマスター講座を契約した方が良いのではと僕は薦める。

とはいえ本家本元の学割には敵わない

今回紹介したadobeの割引とは別に、ちゃんと学生・教職員向けの割引プランが用意されている。

adobeの学割 年間一括払い:23,760円/1年間(税別)

このようにちゃんとした学割の方が15,000円以上安い。そのため現在学生か教職員なら、素直に一般的な学割を選ぶのが一番となる。

講座の価値は?

講座に関しては、各adobeソフトの基本的な使い方を解説している。adobeのソフトは奥深いため、使いこなすには相当な時間が必要。そのため、さすがにこの講座だけでadobeをマスターするのは不可能だと思う。 講座はあくまでもおまけとして捉えておこう。

adobeユーザーなら一度は試してほしい方法

最後に、今回紹介したAdobeマスター講座のポイントを振り返ってみよう。

4秒で分かるまとめ
  • 年間39,300円は破格の安さ
  • Creative Cloud1年契約→adobeの各ソフトが使える!
  • Creative Cloudならフォントもたくさん使える
  • 初心者向けの講座つき
  • 提供元はadobe公認の大学

このように非常にお得で、僕も契約してみたけど、まったく問題はない。むしろ安くCreative Cloudを利用できたため、大助かりだ。

adobeのソフトを使いたい、契約期限が迫っているなら、ぜひ利用してみてほしい。