龍が如くの新たな可能性を感じた~ジャッジアイズ :死神の遺言の感想

キムタクが如くこと、「JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言」をクリアしたので、面白かった点や感想などを淡々と述べていくよ。

ネタバレなしで語っているので、まだ買ってない人はぜひ参考にしてほしい。

ジャッジアイズのあらすじ

主人公である八神隆之(キムタク)は、将来有望な弁護士として周囲から期待されていた。ある日の法廷で、八神は不可能と思われた無罪を勝ち取るが、開放された依頼人はなぜか恋人を殺して、家を放火したという衝撃の事実が舞い込む。

この事件をきっかけに八神は弁護士を引退。3年たった今では神室町で小さな探偵事務所を経営していた。探偵といっても、仕事は浮気調査やペット探しなど、あの頃の面影はもうない。

しかしひょんなことから、八神は戻らないと決めた法廷に再び立つことに……

キムタクや龍が如くを知っていなくても楽しめる


本作はキムタクこと木村拓哉をイメージした主人公が、龍が如くシリーズおなじみの神室町という架空の街で暴れまわるというゲーム。

そのため、キムタクや龍が如くについて知っておかないと楽しめないのでは? と思うかもしれないけど、まったく問題ない。

僕はキムタクのファンでもないし、ほとんど知らないけど、がつんとゲームの世界に引き込まれた。また龍が如くシリーズは毎作プレイしているけど、龍が如くに関連するキャラやエピソードなどはなかった。

ストーリーのレベルは最高クラス

あらすじだけでも十分に面白いけど、本編はその十倍くらい面白い。

一見主人公とは無関係に思われた事件が、実は八神が過去に担当した事件と深く関係しており、現在の事件と密接にリンクしているというのは、王道ながらも引き込まれる展開だ。

龍が如くシリーズというと、ストーリーが微妙という声もあるけど、本作は非常にしっかりとした出来で、龍が如く0や1に匹敵するレベル。

また龍が如くにありがちな、身内がことごとく裏切る展開や在庫一斉処分のごとく殺される新キャラ、終盤での予想外な方向性へジャンプする展開がないのも良かった。

正直〇〇も〇〇も全員死ぬだろうと思ってたら、予想外に生き残っていて驚いた……。上手くキャラを活かす形で活躍させるのもグッド。

キャラの魅力

龍が如くシリーズにも共通する点だが、やはりキャラが良い。主人公である八神は桐生さんほどの絶対感やカリスマ性はないが、あふれる若さや情熱でそれを補っている。

他にも八神の兄貴分こと海藤さんなど味方もキャラが立っているが、特に気に入ったのが敵キャラである羽村。

ピエール朧が演じたことで話題になったが、単純に一人のキャラクターとして良い味を出していた。

羽村は序盤から事件に関連する重要人物で、得体の知れなさと大物になりきれない小物感が絶妙にマッチしているのが素晴らしい。いろいろな事情により、続編があってもまず出れないだろうが、個人的には再登場を期待したい。

仲間の大切さと桐生一馬との対比

本作は龍が如くシリーズの世界観やゲーム性などを引き継ぐ姉妹作品なのだが、「龍が如く」そのものではない。

それをはっきり感じたのが、中盤から終盤にかけての流れ。主人公である八神の元には、海藤さんや見習い弁護士の星野君など数人の仲間が集う。

この仲間と協力して事件を追い、時には共闘するというのは、龍が如くではまずなかった展開だ。

というのも龍が如くの場合、主人公の桐生一馬はあまりにも強すぎて、彼一人でどうとでもなる。むしろ仲間や舎弟が足手まといで、裏切ったりするのもザラだ。

じゃあ八神はどうかというと、間違いなく桐生さんよりは弱い。特に序盤はそれが顕著で、おそらくそれほど強くない羽村に倒され、数人の雑魚にも苦戦する。

中盤あたりになると場数を踏んでか、人間離れした動きをするが、龍が如くでは秋山さんくらいの強さかと思う。

桐生さんなら簡単に覆せる状況で、惨めにもがいているケースが多いというのが印象。しかし八神のその弱さこそが、逆に仲間に頼るという選択肢を生むことになる。

龍が如くが現状抱える問題として、桐生さんの物語が終わってしまった今、次の主人公はどうするのか、役者不足にならないかというものがある。

しかし八神のように、仲間と共に事件や陰謀に立ち向かう男こそが、これからの龍が如くに必要なのではと思った。

戦闘システムはいつもの龍が如く

アクションゲームにおいてはやっぱり戦闘が面白いかが重要だ。ジャッジアイズは龍が如くの戦闘システムをベースにというか、ほぼ龍が如くそのものという仕様……。

龍が如くおなじみの通常攻撃やヒートアクションなど、シリーズ未経験の人なら新鮮に感じるかも知れないが、僕のような龍が如くファンだとマンネリ感を覚えるかも知れない。

ジャッジアイズ独自の要素としては、馬跳びや三角跳びといったアクション映画的な攻撃手段があるという点。狙って出すのはちょっと難しいけど、派手なので画面映えする。

良くも悪くも龍が如くの戦闘システムなので、完成度は高い。ただ欲をいえば、もう少し既存の龍が如くにはないアクションや仕様にしてほしかった。

探偵らしい調査アクションは微妙

本作で一番微妙だったのが、皮肉にもジャッジアイズならでの探偵要素。サーチモードやチェイス、証拠提示は特に不満はなかったが、鍵開けと尾行が正直つまらない。

鍵開け


鍵開けにはピッキングやサムターン回し、暗証コード解除など、開けるドアによって鍵開けの方法が異なる。ただこの鍵開けを要求されるのは、敵のアジトにカチコミをかける時が多い。

これから雑魚やボスを倒そうと張り切っている時に、神経を使う鍵開けが挟まるのは地味にストレスが溜まる。そこは勢いに任せてドアをこじ開けろよと何度もツッコんだ……。

次回作で残すにしても、回数を減らしてほしいと願う。

尾行

これが、これが本当に苦痛だった……。

尾行といえば探偵の醍醐味で、ジャッジアイズでも頻繁に行うことになる。尾行の流れとしては、ターゲットの後をついていき、相手が振り向いたらサッと障害物に隠れるという、早い話がダルマさんが転んだ。

普通の人間でもやたらと周囲を警戒しており、警戒ゲージがMAXになったら即ゲームオーバーと、地味に神経を消費する。

正直一回一回の尾行が長い。しかもメイン・サブお構いなく発生するため、「またか……」と呆れることもあった。

別に僕はこういった、ステルスアクションが嫌いなわけではなく、むしろメタルギアやアサシンクリードのような、ステルスゲー自体は好きだ。

ただジャッジアイズの場合、隠れると追いかけるしか選択肢がないため、どうにも単調に感じてしまう。

もしも次回作が出るなら、尾行そのものの廃止か回数を減らす、または自由度を上げるなど、尾行アクションには調整を加えてほしいところだ。

ジャッジアイズはストーリーの面白さが際立つ良作


良かった点や悪かった点を一通り列挙してみたけど、やっぱりストーリーの面白さがジャッジアイズの満足度を高めている。

また戦闘システムもなんだかんだいってレベルが高く、サブストーリーなどの寄り道要素もあるため、アクションゲームとしてはクオリティが高い部類だ。

続編を作っても問題なさそうな終わり方だったため、ぜひとも続きに期待したい。

龍が如く7なぜコマンドRPGになったのかを考察【ゴリラでも分かる】なぜ龍が如く7がコマンドRPGになったのかを考察龍が如く7 光と闇の行方 やばすぎる【終わりだ…】龍が如く7はまさかのコマンドRPG! 龍が如くガチ勢が思いの丈を語る!