【皇の魅力】中二病患者が咽び泣くカリスマ性全開のボスキャラ9選

動画の方でも見れるよ!

冥界からごきげんよう 獄焔の使い手、薔薇宮ソーナです
最高にかっこいい、ヤバいボスキャラを紹介するこちらのchですが、今回は敵キャラだからこそ持ち合わせるカリスマ性全開のボスキャラを9人紹介するね。

誰もが知る有名キャラから、え? マイナーだけどこんなヤバいボスキャラいたのっていう、王道かつ未知の出会いをみなさんに提供していくのだ。

どのキャラもオタクなら狂い鳴くような圧倒的かつ激烈な魅力を放っているので、ぜひ最後まで見てほしい。

またこの動画が面白かったら、ぜひぜひチャンネル登録よろでーす

キング・ブラッドレイ


至高のダークファンタジとしても名高い「鋼の錬金術師」を代表するボスキャラがキング・ブラッドレイ。軍部の大総統という立ち位置で、はじめは主人公たちの味方枠だったが、しだいに彼と国家が抱える闇が露呈していき、主人公たちと敵対する。

ラスボスっぽいけど、実は敵組織の一幹部にすぎず、彼より強い敵も当然存在するが、個人的にはブラッドレイが一番強そう。

それくらい彼の孤軍奮闘っぷりは見事で、作中のキャラが錬金術というファンタジー能力を使う中、ブラッドレイは二振りの刀剣だけで実力者を薙ぎ払っていくのは圧巻の一言。

初登場時から最後まで強キャラ感を維持しているんだけど、意外とおちゃめな面もある、あの顔で愛妻家という、硬いだけでなく柔らかな魅力も兼ね備えており、ずるい、ズルすぎる!

ギルガメッシュ


おそらく知らない人はまずいないであろう、Fate/stay nightを代表するボスキャラ「ギルガメッシュ」。fateで行われる聖杯戦争では、7人のマスターが歴史上の英雄豪傑をサーヴァントとして呼び出して戦うんだけど、ギルガメッシュは存在しないはずの8体目という、これだけでもズルい設定。

英雄王にして慢心王とよくからかわれているんですけど、そりゃあ慢心もするよねってくらい圧倒的強さを誇るんだ。

というのもサーヴァントっていうのは、それぞれが宝具を1つ宿しているんだけど、ギルガメッシュの宝具は、歴史上に存在するあらゆる宝具を呼び出せる、大量の宝具を雨あられのように召喚できるという、チートすぎる性能をしているんですよね。

清々しいほどの無敵系俺様にして悪役っぷりが素晴らしいのはもちろん、実は作中のとあるキャラと相性が悪い、後はおなじみの慢心など、付け入る隙が用意されているのも、ボスキャラとしては面白い設定ですよね。

個人的にはfatezeroの言峰とのやり取りや関係性がファウスト的で好き。

アリナ・グレイ


魔法少女まどかマギカの外伝、マギアレコードのボスキャラです。マギウスの翼という変な宗教団体みたいな組織を統べる、トップ3の1人。

アニメしか見ていない人は、ああ、こんなヒャッハー系の変な人いたなあ程度だと思うんですけど、実はこのアリナ先輩、マギレコの人気キャラで、物語にも超関わってくる重要人物。

詳しくは別の動画で語っているんですけど、原作ではアリナ先輩が秘める芸術(アート)、そして彼女のテーマである死への想いが繊細に語られており、彼女の狂気と哲学、カリスマ性に酔いしれること必死。

またキャラの立たせ方として上手いのが、御園かりんという敵キャラとしてのアリナ先輩とはまったく関係ない日常の象徴を用意している点。

敵としては主人公たちを苦しめ、それに愉悦を感じるような狂人キャラとして描きつつも、日常では部活の後輩であるかりんに対し、キツくてそっけないながらも

ちょっと良い先輩を無自覚でやっているという、この表裏のギャップもまたアリナ先輩の魅力を引き出しているんですよね!

ラインハルト・ハイドリヒ


Dies iraeという、このchではよく取り扱っている作品のラスボス。ラスボスとはこうであるべきという、カリスマ性と圧倒的強さの理想像。生まれる世界を間違えたと言われるくらい、他者とは画一した強さを有しており、包容どころか柔肌を撫でただけで相手を破壊するほど。

だが困ったことに、ラインハルトの渇望というのが、

私は総てを愛している。故に総てを破壊しよう
という全人類規模のヤンデレみたいなもの.

ラインハルトは聖人だろうか罪人だろうが総てが愛おしく、相手を破壊してでも全力で愛したい。でも彼の全力には地球はもちろん、宇宙でさえ耐えきれない。

さぁさぁ、こんな超絶迷惑な宇宙規模のヤンデレみたいな奴をどう倒すんだというのが、Dies iraeという作品。ラインハルト以外にも、多元宇宙規模の変態リセマラ厨のストーカーとか、噛ませチンピラなのに主人公に昇格した奴とか、いろいろと面白い狂人が揃っているので、ぜひ原作もやってほしいですね。

祭礼の蛇


この動画を見ている人なら、おそらく知らない人はいないであろう伝説のラノベ、灼眼のシャナ。でもみんな、灼眼のシャナのラスボスって誰か分かる?

アニメ一期、二期までしか見ていない人は驚くかも知れないけど、実はみんなも知っている〇〇〇なんだよ!

まあさすがにネタバレすぎるんで名前は伏せますけど、大事なのは〇〇◯が祭礼の蛇というラスボス化したらカリスマ性が半端ない。

ギャップ萌えならぬ、ギャップ燃えが凄まじい。物語も〇〇◯が敵になってから急展開していくし、原作16巻を当時見た時の衝撃と高揚感たるや!

多くは語れないんだけど、まあそこは原作でもアニメ3期でも見てください。
いやほんと、これまで〇〇◯がごにょごにょだったりしたのも全部、このための伏線、そして灼眼のシャナという作品において、〇〇◯以外ラスボスは考えられないと思えるようになると思います。

シャルル・ジ・ブリタニア


コードギアスの主人公ルルーシュの父親にして、神聖ブリタニア帝国第98代皇帝。ルルーシュが復讐を誓う仇敵でもある。

魅力はなんといっても、CV若本さんによる絶対的な威圧感とカリスマ性。そしてシャルルを象徴する名言、人は平等ではないという演説……! 若本さんといえばシャルル皇帝を思い浮かべる人も多いのでは?

後シャルル関連の名言といえば、「王道で来い」だね

主人公のルルーシュはギアスという、自分の瞳を見たものを自由に操れる超チート能力を持っている。ルルーシュは自分のギアスの性質を最大限に利用して、視聴者があっと驚く方法でシャルルをギアスで倒そうとするんだけど、それすらもシャルルには全く通じず……!


王道で来いと返す。この一連の流れにしびれない人いるのかなっていうくらい、シャルルの圧倒的なボスキャラ感がにじみ出ていたよね。

法月将臣


車輪の国、向日葵の少女というギャルゲのラスボス。この物語の世界は現代日本とよく似ているんだけど、この国で犯罪を犯すと刑務所に入らず、罪に適した「特別な義務」が科せられる。で、主人公の森田や法月将臣は、特別な義務を科せられた罪人を更生させる特別高等人という存在なんだ。

まあ主人公の森田は厳密には、特別高等人の候補生で、法月将臣は森田を監督するっていう、試験管であり上司みたいな立ち位置ですね。

まずCVが若本さんのそっくりさんなので、威圧感や絶大感はトップクラス。ただ法月将臣の場合は、その声質に引けを取らないくらい凄まじい無敵感も兼ね備えている。
特別高等人候補という超優秀な主人公ですらたやすく凌駕する頭脳と経験、そして発言がイチイチ名言製造機すぎる……!

言われたことしかできない人間を三流、言われたことを上手にできる人間でようやく二流。」「森田は、いつになったら一流になるんだ。」
僕は結構前に車輪の国をクリアしたんだけど、法月将臣関連の名言は今でも覚えている。というか本質を突きすぎているよね。

クリストファー・ヴァルゼライド


「シルヴァリオ ヴェンデッタ」というこれまたマイナーな作品のラスボス。まず佇む威圧感やカリスマ性が半端ないのはもちろん。


ヴァルゼライド閣下の特筆すべきは、ボスキャラなのに主人公がドン引きするような主人公補正みたいなものを持っている点。

  • 具体的には、
  • 追い詰められたら意志力で覚醒
  • 格上相手時ステータス1.5倍
  • ダメージ被弾・時間経過でレベルアップ
  • 相手が覚醒したらヴァルゼライドも覚醒

しかも行動理由が徹頭徹尾、自分が守るべき存在や、自分以外の誰かのためという、まさしく英雄の理想像!
あまりにも主人公というかヒロインすらも圧倒する魅力で、人気投票ではギャルゲのボスなのにぶっちぎりの一位。続編ではヴァルゼライドに焦がれた歪んだhomo破綻者たち
(悪堕ちした松岡修造系のボスキャラ、アルティメット根性論厨のQB)を生み出している。

まあなんでこんな完璧系英雄がラスボスやってるのかは、本編をプレイしてみてね

槙島聖護


犯罪を犯そうとする者が、シビュラというシステムによって事前にサーチされ裁かれる近未来世界を舞台にした「PSYCHO-PASS」の一期ラスボスが槙島さんこと槙島聖護だ。

公安局刑事課一係に所属する主人公たちは、猟奇的な殺人事件を追っていくが、その裏で暗躍していたのが槙島さん。フィクサー的な立ち位置ってわけ。
孤高のイケメンで耽美的、頭脳明晰で肉弾戦も最強格、読書家で文学作品などを引用する。「紙の本を読みなよ」という名言。中二病なら絶対好きになるキャラ。

でこれはちょっとネタバレになるんだけど、

PSYCHO-PASSの世界では罪を犯しそうな者が潜在犯と呼ばれ、犯罪係数という数値で識別しているんだけど、槙島さんはなぜか、犯罪係数が普通の人と同じ状態を維持してる。

目の前で誰かを殺そうとしても上昇しない犯罪係数。

槙島さんは、本当にこの世界を管理するシビュラは正しいのか?を問いかけ、激烈な行動の果てに、主人公を通して僕ら視聴者にシビュラの正体を突きつける。

この一連の流れが本当に美しくて、PSYCHO-PASSという作品は槙島さんのためにあったのではと錯覚するほど。一期ラスボスなのに異質にして至高の王者とでもいうべき魅力を放っている。PSYCHO-PASSシーズン2と3のボスも好きだけど、やっぱり槙島さんかなあと言わざるを得ない。

とまあこんな感じですね。
おそらく絶対的なカリスマ性を秘めた悪のボスキャラは他にもいると思うので、ぜひぜひコメント欄に書いておいてね

また薔薇宮ソーナchでは引き続き、圧倒的に個性的なボスキャラを紹介していく予定ですので、チャンネル登録よろです~

実は僕も、槙島さんを目指して紙の本を読み出しているんですけど、ぶっちゃけ電子書籍の方が読みやすいですよね