【ゴリラでも分かる】なぜ龍が如く7がコマンドRPGになったのかを考察

龍が如く7なぜコマンドRPGになったのかを考察


「龍が如く7 光と闇の行方」が電撃発表! 今度の龍が如くはコマンドRPG!

と言われた当初は僕も、

自分でもよく分かんないんすよ

と脳内ツッコミをしまくった。

しかしなぜ今度の龍が如くはコマンドRPGなのかを考察してみたら、「なるほど、そういうことか!」と一応の納得を覚えた。

この記事では、龍が如く7がコマンドRPGになったと思われる理由4つを、龍が如くファンの僕が分析・解説していく。

理由①:マンネリ感を払拭したかった

僕はこれまで、ほとんどの龍が如くシリーズの作品をプレイしてきたけど、最新作をプレイする度にマンネリ感を覚えていた。

これは龍が如くのゲームシステムがお粗末だからではなく、むしろ逆に完成度が高すぎるゆえに改良点が少ないからだと思う。

僕が神ゲーと感じたジャッジアイズ(キムタクが如く)も、ストーリーは面白かったけど、戦闘システムに目新しさはあまり覚えず、多少のマンネリ感も正直あった。

龍が如くの新たな可能性を感じた~ジャッジアイズ :死神の遺言の感想

だからユーザーも制作側も、シリーズを重ねるごとに増幅するマンネリ感を解消したいと願っていたはずだ。

まずこの願いこそが、龍が如く7のゲーム性を大きく変えた最大の原因だろう。

理由②:桐生一馬という最大の壁

龍が如く最大の魅力にして最大のネックなのが、主人公である桐生さんこと桐生一馬だろう。桐生一馬という伝説は「龍が如く6 命の詩。」で完結した。

ここで問題なのが、じゃあ龍が如くの次期主人公はどうするのかという点。

桐生一馬を継げる者がいない……!

これに対してSEGAは、龍が如く6が発売されてから2年以上もの間ナンバリング作を出さず、北斗が如くやジャッジアイズ、既存作品のリメイクを作ってきた。

確かにケンシロウやキムタクなら、桐生一馬に匹敵するだけのカリスマ性や魅力がある。

しかしそれはあくまでも外伝作品だからできること。さすがにナンバリングタイトルに彼らを出すわけにはいかない。

そこでSEGAが用意したのが、新たなオリジナル主人公「春日一番」だ

春日一番という桐生一馬とは対極の男

桐生一馬を超えるキャラを生み出すのは非常に難しい。だからSEGAは、桐生一馬とは別の魅力を持ったキャラを作らざるを得なかったのではと思う。

思えば桐生一馬には、ライバルはいても仲間と呼べる存在はほとんどいなかった。1人の強さで神室町を独走していた。

対して春日一番は、桐生一馬のように孤高の強さを持っているわけではなく、仲間と協力して敵に立ち向かうというタイプだと、4gamerのインタビューで語られている。

強すぎる桐生一馬と違って、良い意味で春日一番は弱い主人公というわけだ。

理由③:龍が如くだけでなくジャッジアイズも超えたいからRPGに?

仲間と協力はしても、ゲームシステムまで変える必要はないと思うかも知れないけど、それだと「ジャッジアイズ:死神の遺言 」と被ってしまう

ジャッジアイズ:死神の遺言とは?

既存の龍が如く要素に探偵要素などを加えたアクションゲーム。主人公の八神(キムタク)が仲間と連携して強大な悪に立ち向かうというストーリー性が好評を博した。

ジャッジアイズ以上に仲間との連携を強く描きたい、ゲームシステムに深く関連付けたい、だからこそ制作側はRPGが最適と判断したのではないだろうか。

ただそれなら、FF15のようなアクションRPGで良かった気がする。わざわざクラシックなコマンドRPGにしたのは、「龍が如く ONLINE」が関係していそうだ。

理由④:龍が如く ONLINEのユーザーにアピール?

実をいうと龍が如く7の主人公「春日一番」は、本作が初出ではない。「龍が如く ONLINE」というスマホゲームで既に主人公として活躍している。

この「龍が如く ONLINE」、正直僕はあまり面白そうでなかったから放置していたけど、少し触ってみたら一昔前のソシャゲRPGに近い戦闘システムだった。

無料でできるスマホゲームなら、「龍が如く ONLINE」独自のユーザーも存在するだろう。

彼らはおそらく、アクションではなくポチポチゲーに慣れている。アクション性が強いと抵抗感を感じるかもしれないと、制作側は考えたのでは?

つまり「龍が如く ONLINE」のユーザーを、そのまま龍が如く7に引っ張ってきたいという狙いもあるから、コマンドRPGを採用したのではないだろうか。

龍が如く7が好評なら、CSユーザーもONLINEの方に流れるだろうし……

龍が如く7がコマンドRPGになった原因まとめ

この記事のまとめ
  • シリーズを重ねるごとにマンネリ感が増幅していた
  • 仲間と協力する主人公はジャッジアイズで既にやっている
  • 桐生一馬とは違う、良い意味で“弱い主人公”を活かしたゲームにしたかった
  • 「龍が如く ONLINE」との兼ね合い

こうして分析してみると、アクションからコマンドRPGに変更したのも納得? かもしれない。マンネリから脱却したいという、制作側の意気込みは個人的にはかなり好き。

突然コマンドRPGで抵抗感を覚えている人も多いと思うけど、大事なのはとにかく、面白さだと僕は思う。

龍が如く7 光と闇の行方 やばすぎる【終わりだ…】龍が如く7はまさかのコマンドRPG! 龍が如くガチ勢が思いの丈を語る!龍が如くの新たな可能性を感じた~ジャッジアイズ :死神の遺言の感想