スパイダーマンゲームののDLC「摩天楼は眠らない」の内容レビュー

PS4の名作ソフト、が面白かったので、DLCの追加ストーリー「摩天楼は眠らない」シリーズを購入&プレイしてみた。

各エピソードで区切りはあるけど、「摩天楼は眠らない」という1つの繋がったお話。三部作全てプレイするのがおすすめ。

各エピソードの概要

全体の質やストーリー内容はDLCとは思えないほど良く、普通に本編のメインミッションでも違和感がないレベルだったので、レビューしていく。

Marvel’s Spider-Man 黒猫の獲物

ゲーム本編でもチョロチョロと出番があった「ブラックキャット(フェリシア)」が活躍するエピソード。ブラックキャットに子どもがいることが判明、なんと父親はピーター!?

と、ブラックキャットがいろいろとヒロインしていた。ブラックキャットファンはプレイして後悔はしないかと。

Marvel’s Spider-Man 王座を継ぐ者

マフィア集団のボス「ハンマーヘッド」が本格登場するエピソード。本編では無線のでやり取りが多かったユリ・ワタナベが、本格的にスパイダーマンと協力するエピソード。

個人的にはハンマーヘッドよりもユリの方が怖かったよ……。後個人的にこのエピソードが一番話が重かった……。

注意点として、序盤から前回(Marvel’s Spider-Man 黒猫の獲物)のネタバレがある。

Marvel’s Spider-Man 白銀の系譜

「摩天楼は眠らない」シリーズの完結編。本編ラストでようやく和解したシルバー・セーブルと共同でハンマーヘッドを追い詰めるはずが、なぜかセーブルはマジギレしていて、暴走状態でスパイダーマンにも牙をむくという回。

なんだかんだで、セーブルが一番ヒロインをしていた気がする……。

戦闘や難易度

ストーリーについて触れるのはこれくらいにして、戦闘やシステムなどについて語っていく。

デブのせいで難易度が高い

DLCコンテンツをプレイした感想として、難易度の高さを感じた。間違いなく、本編のメインミッションを最後までクリアしてからプレイするのが良いと思う。

特に苦戦した敵がガトリングデブ(ブルート)。本編でも割と苦戦していたデブが、DLCではガトリングを連射してくるという悪夢。

デブ特有のタフさを引き継いでいる上、遠距離から攻撃してくるため、倒すのが非常に面倒だった。

しかもガトリングデブは他の雑魚敵を引き連れているし、ステージによってはガトリングデブ×2+雑魚敵という地獄のような難所もある。

DLCではハンマーヘッドとのボス戦があるが、ダントツでガトリングデブの方が強い。一応ハンマーヘッドも頭突きやビームなど、厄介な攻撃を放ってくるため苦戦したが、個人的にはガトリングデブの強さが印象に残っている……。

僕が試した攻略法としては、エレクトリック・ウェブなどガジェットを出し惜しみなく使いまくるという完全なゴリ押し……。

調べた限り、サスペンション・マトリックスを最大まで強化するとデブも浮かせられるようだが、チャレンジ・トークンを集めるのが大変で強化していなかった……。

ちなみにDLCコンテンツを全てクリアした後に本編の世界に戻ると、驚くほど敵が弱い。強敵だったセーブルの拠点もそれほど苦戦することなく制圧できた。

これに関してはスパイダーマンがレベルアップしたのが最大の要因だと思うけど、プレイヤーである僕自身のレベルも上がった気がする。

まとめ

DLC独自のストーリー、新たな敵や収集要素、チャレンジミッションなどが用意されており、全部で2,700円だけど値段相応の価値はあると感じた。

特に本編では出番が足りなかったヒロイン? たちががっつりと物語に絡んでくるのが新鮮で面白かった。

本編をクリアして満足した人なら、買って後悔はしないかと思う。