【ネタバレ全開】ワンピース スタンピードを観た感想を熱く語る

ワンピース スタンピードの感想

今回のワンピース映画は何かが違う。PVを見るうちに予感が確信へと変わってきたが、実際に見たらもう…………

全てが凄すぎる!

ワンピースの人気キャラが集結して、バレットという最強クラスの敵を打ち破るという、王道にして至高の展開が最高すぎたので、ワンピースガチ勢の僕がワンピース スタンピードの感想や評価などを熱く語っていく。

この作品を観ないと、ワンピースは語れない。

序盤から大熱狂


ワンピースの映画といえば、基本的に新しい島に訪れて、そこをエンジョイしつつ敵の陰謀に巻き込まれていくという1つのテンプレがある。僕としてはこの序盤が割と退屈であまり好きではなかった。

しかしスタンピードは違った。

麦わらの一味の観光シーンはダイジェストでサクッと流され、あっという間にロジャーが残したお宝争奪戦が始まる。超新星が続々と現れる中、速攻でやられているローなど、テンポがワンピースのアニメとは思えないくらい速い。

さっさとバトルが見たいんだろ?」と、制作側のささやきが聞こえてきそうなほど、序盤からハイスピードで盛り上がっていき、そこからはもう全く止まる気配を見せない。残りの上映時間がノンストップで駆け抜けていく……!

想像の遥か上をいくオールスター集結

ポスターやPVの時点で、そうそうたる顔ぶれだけど、実際の本編ではもっとたくさんのワンピースキャラが登場している。

まず冒頭では黒ひげとその一味、さらにミホークやペローナ、センゴクとガープにコビー、ワポルやフォクシーといった懐かしの面々まで映っており、もうこれが最終回で良いんじゃないかというくらいの豪華度だった。

しかもラストではまさかのあのキャラまで登場していて、「とにかくいろんなキャラを出そう」というスタッフの意気込みが伝わってきた。

歴代最強クラスの敵

スタンピードを語る上で外せないのが、本作の敵キャラであるダグラス・バレット。こいつが本当に、本当に強い……!

バギーいわく、当時はロジャーの右腕であるレイリーとタメを張る強さで、もうこれだけで十分にヤバい。しかしロジャー海賊団時代のバレットはまだ10代。

最近のワンピースの映画には、Zやシキといったロジャー時代に全盛期だった昔は強かった敵と戦っていた。しかしバレットの力は衰えるばかりか、長年の鍛錬によりむしろパワーアップしている。

事実作中での強さは半端なかった。

  • 超新星のほとんどを能力なしで瞬殺する
  • ギア4スネイクマンも打ち破る
  • 最終形態は島を破壊するレベル
  • 最終的に七武海や海軍、革命軍とルフィーの共闘+一瞬の隙をついてようやく倒す

最強を目指しているだけあって、これまでルフィ君が戦ってきたキャラの中でもトップクラスの強さだった。さすがにカイドウは無理でも、四皇クラスとも良い戦いをするのではというレベル。

ロジャーのお宝といい、本気でワンピースを終わらせに来ているような凄まじい強さだった。

バレット関連の記事

ダグラス・バレットの強さ解明【最強か】ダグラス・バレットの強さを究明! その強さは四皇級? ダグラス・バレット【異端のラスボス】ダグラス・バレットの魅力を熱く語ってみた

まさかのワンピースがお宝


PVからほのめかされていたロジャーが残したお宝。しかし大抵の人は、「どうせ本編には関係ない」と思っていたのではないだろうか?

しかし蓋を開けてみたら、まさかのワンピース関連。ワンピースがあるとされるラフテルへ行ける永久指針(エターナルポース)。

「えぇ、それを出しちゃって良いの?」と上映中は困惑しつつ、「どうせ偽物だろ?」と思ったらまさかの本物。ガチでワンピースが完結するような凄まじいお宝だった。

もう、「ばっかじゃないの???(褒め言葉)」と全力でツッコんだのは僕だけじゃないだろう。

そりゃあルフィ君も壊すよね。あの段階でワンピースを手に入れても、海賊王とは呼べないし、変なタイミングで目標を失っちゃうし……

ただあそこでエターナルポースを破壊したのは、「ワンピースを手に入れること=ルフィ君の最終目標じゃないんだ」という、メッセージ性のようなものを感じられた。やっぱりロジャーができなかったその先を成し遂げることがルフィ君の使命となりそうだ。

スタンピードで活躍したキャラたち

ウソップがまさかの……


スタンピードは正直、麦わらの一味の活躍は抑えめだったけど、ウソップは大金星とでもいうべき成果を上げていた。PVではヤムチャのような扱いだったけど……。

バレットという最強を追い求めるキャラに、ウソップという序盤からの非戦闘員系の仲間が牙をむくというのは王道ながらも良い。

最後の足掻きをした段階で、バレットの足元をすくうかと思ったが、足元どころか巨大ロボごと戦況をひっくり返してくれた。

実際ウソップの緑星がなかったら、もっと手こずったことは確実で、もしかしたら全員バレットに敗北していたかもしれない。

謎のウルージさん推し


最悪の世代が勢揃いしたスタンピードだけど、正直ほとんどのキャラは活躍しなかった。ただ、ウルージさんが地味に輝いていた……!

ルフィと正面衝突し、ギア3の攻撃を受け止めるウルージさん、バレットに因果晒しを喰らわせるウルージさん。

と、まるでウルージさんがライバルキャラのように謎の功績を上げていた。

というよりもネットに毒されているからか、ウルージさんがマトモに映っているだけで笑いそうになってしまった……。

強さを魅せつけた七武海

ローやミホーク、 ハンコック、 クロコダイルなど新旧七武海の活躍も見逃せない。

ローはサポートキャラとして活躍、ミホークは藤虎の巨大隕石をバラバラに切り裂いており、弟子であるゾロとの格の違いを魅せつけてくれた。

ゾロは最大級の技を使ってようやく隕石を両断できた辺り、ミホークとの差はまだまだあるなあと感じた。また藤虎はゾロとの戦いでほとんど能力を使っておらず、やはり海軍大将は底が知れない。

そして意外だったのがハンコックやクロコダイルの強さ。

ハンコックの飛び蹴りはルフィ君の大猿王銃(キングコングガン)より破壊力がありそうで、クロコダイルもスナスナの実の厄介さを再確認させてくれた。

スタンピードも踏まえた七武海の強さに関しては、こちらの記事で詳しく分析しているので、チェックしてくれると嬉しい。

【四皇級】王下七武海の強さを考察~全員四皇大幹部クラスの強さがあるのでは?

個人的に好きなシーン

ゾロ&サンジVSクロコダイル&ルッチ


超一瞬だったけど、このシーンが本当に良かった……!

クロコダイルとルッチという過去にルフィが倒した強敵を、成長したゾロとサンジが迎え撃つ刹那に、ワンピースの歴史とでもいうべきものが感じられ、胸の高鳴りが止まらなかった。

惜しむらくは本当にワンシーンだけという点で、カットされたその先がめちゃくちゃ見たい。無理そうだけど円盤に追加してほしい。

クロコダイルとロビンの再開


ルフィとクロコダイルはインペルダウンで再開したけど、ロビンはバローワークスを抜けてからクロコダイルと再開しておらず、もしも再び顔を合わせたらどうなるのかなあと前々から気になっていたけど、まさか本編を差し置いて映画でとは……

しかもロビンは、「もしかして私を狙っている」と一方的にクロコダイルを警戒していたけど、クロコダイルはロビンを眼中にせず、同じ元七武海のロー目当てという……なんというか、いろいろとあざとい!

それにしてもクロコダイルは、ロビンが麦わら海賊団に加入したことをどう思っているんだろう……。当時の反応を知りたいなあ。

どこまでもファンを喜ばせる名作


オールスター大集結、最強クラスの敵、シンプルながらも怒涛の展開と、ワンピースの映画作品の中でも郡を抜いた面白さだったスタンピード。

しかし一番の魅力はなんといっても、これまでワンピースを読んできた読者を楽しませるような工夫を随所に凝らしたところだと思う。

これだけの作品を使った後だと、次回作のハードルが跳ね上がってしまうけど、次回の映画が出る頃にはワノ国編も終わっている頃だと思うから、さらなる強敵や規格外の勢力が参戦してもおかしくない。

スタンピード関連の記事

ダグラス・バレット【異端のラスボス】ダグラス・バレットの魅力を熱く語ってみたダグラス・バレットの強さ解明【最強か】ダグラス・バレットの強さを究明! その強さは四皇級?スタンピード4つの謎を考察【考察】ワンピース スタンピードで判明した4つの謎とは? 今後の伏線か